【フリスタ病】1か月治療経過報告


2018年の目標の一つとしてちょんちょんリフティングが正常にできなくなってしまった左足(通称フリスタ病)を治す!ということを掲げていますが、治療っぽいのを始めてから1か月以上経ったので途中経過をご報告します。

最初の10分くらいは多少蹴れるようになりました

練習し始めて、最初の10分前後は前と同じレベルとまではいきませんがある程度ちょんちょんリフティングが左足でも再びできるようになってきました。コンディションがいい日であれば、DSOやエッグ等のエアムーヴのセットにも使うことができました。改めて思うことは、左足のちょんちょんリフティングができないとフリースタイルフットボールの幅がマジ狭くなる。。個人的にもやってて面白くないし。。

ただ、疲労がたまってくるとかなり足が固まってきてまともにちょんちょんリフティングができなくなるので多少改善はされつつも抜本的には変わっていないような感じです。。

左足股関節の痛みは引きました

ほぼ毎日風呂上りのストレッチを念入りにやったところ、昨年はずーっと伸ばすと痛かった左足股関節(膝に近いところですが)の痛みがなくなりました!これはかなりでかいですね。。やっぱりストレッチ大事。
他にもたまにお灸などもやっていましたが、気持ちはいいけど直接的な効果はあんまりなさそうです。ストレッチが一番大事っぽいですね。

左膝のすぐ上くらいの筋が痛いこと発見

前にラッキーから教えてもらったところだったか忘れてしまいましたが、左膝のすぐ上の外側にある筋が固くて、マッサージすると痛いことが判明しました。右は同様なマッサージをしても痛みはなかったのでここも張っているのか筋肉が固まっているのか不明ですが関係あるかもしれません。2月―3月はここのマッサージやお灸を重点的にやってみようと思います。デスクに向かってる時に暇になったらマッサージしてます。痛いけどほぐれて気持ちいい感じです。

また以前のように楽しくフリースタイルフットボールができるように、引き続き治療頑張りたいと思います!